画家の目写真館写真集『画写』「hakoノ中ノ少女」発売

◆画家でもあるフォトグラファー鈴木正二と、ヘアメイクとファッションのトータルコーディネートを担当する鈴木晴子で、独自の世界観を形にする夫婦のユニット。画家の目で捉えた、時空を超えて展開する新しく懐かしい少女たちのイメージ。全国公募で選ばれた少女たちを中心に、ゴシック&ロリータの世界観を表現。選び抜かれたアンティークが奥行きを与えます。
ゴシック&ロリータや和装のヘアメイク、ファッションのバイブルとしても。イメージイラストのアイデア素材としても。表紙を開くと、魂に響くオリエンタルでアーティスティックな世界が現れます。

『画写』とは画家の目写真館のことです。この私どもの小さな写真館の中で繰り広げられるストーリーをまめたBOX、「hakoノ中ノ少女」は、私どもが作り上げた虚構の箱に迷い込んだ乙女たち。この虚構の箱にある小物たちや家具は長い時間を経て今ここにあり、またここから私どもの見知らぬ所に住まうのだろう。いや、いずれのものも自然と集まって来たものばかりでここが終の棲家なのかもしれない。そんなことを思いつつそんなモノたちを愛しみ箱の中に入れている。そうしてその箱の中に入る人たちは、どう撮られるのか不安な心情と期待とがまじるなか撮影が始まり、やがて箱の中の主人公となりここが何処なのか気づきはじめる。「hakoノ中ノ少女」たち 。  

TOPへ